【映画】「her/世界でひとつの彼女」のあらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

  • 2019.07.22
  • 2020.09.09
  • MOVIE
【映画】「her/世界でひとつの彼女」のあらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

2013年に公開されたフランス映画「her/世界でひとつの彼女」

コンピュータのオペレーティングシステム(人格を持つ最新の人工知能型OS)に恋をする男を描いた物語として、スパイク・ジョーンズが監督・脚本を務めた同作。

ご存知の方も多いとは思いますが今回は「her/世界でひとつの彼女」のあらすじやキャスト、おすすめしたいポイントなど、その概要をご紹介したいと思います。

「her/世界でひとつの彼女」をまだ観たことがない方はこれを機会に是非おすすめしたい映画です。

※なるべくネタバレ回避していますが、あらすじや解説で少しだけ内容に触れている部分もあります。

「her/世界でひとつの彼女」のあらすじ・キャストなど徹底解説

① 「her/世界でひとつの彼女」のあらすじ

妻・キャサリンと別れて悲嘆に暮れていたセオドア・トゥオンブリーは、相手に代わって想いを手紙に書く代筆ライターをしていた。

彼はある日、人工知能型OS・サマンサを手に入れ、生身の女性よりも、魅力的で人間らしいサマンサに、セオドアは惹かれていく。

② 「her/世界でひとつの彼女」のキャスト

「her/世界でひとつの彼女」のキャスト

役名俳優
セオドア・トゥオンブリー
Theodore Twombly
ホアキン・フェニックス
Joaquin Phoenix
サマンサ(声)
Samantha (voice)
スカーレット・ヨハンソン
Scarlett Johansson
エイミー
Amy
エイミー・アダムス
Amy Adams
キャサリン
Catherine Klausen
ルーニー・マーラ
Rooney Mara
ブラインド・デート
Blind Date
オリヴィア・ワイルド
Olivia Wilde
ポール
Paul
クリス・プラット
Chris Pratt
チャールズ
Charles
マット・レッシャー
Matt Letscher
マーク・ルーマン
Mark Lewman
ルカ・ジョーンズ
Luka Jones
イサベラ
Isabella
ポーシャ・ダブルデイ
Portia Doubleday
代筆係1
Letter Writer #1
リン・アドリアナ
Lynn Adrianna
代筆係2
Letter Writer #2
リサ・レニー・ピッツ
Lisa Renee Pitts
代筆係3
Letter Writer #3
ゲイブ・ゴメス
Gabe Gomez
セクシー・キトゥン(声)
Sexy Kitten
クリステン・ウィグ
Kristen Wiig
テキスト音声
Text Voice (voice)
アート・バトラー
Artt Butler
エイリアン・チャイルド(声)
Alien Child (voice)
スパイク・ジョーンズ
Spike Jonze
アラン・ワッツ(声)
Alan Watts (voice)
ブライアン・コックス
Brian Cox

③ あり得そうな近未来

あり得そうな近未来

舞台は近未来。耳につけた小さなAIスピーカーとタブレット端末を持ち歩き、声で操作するため皆独り言を言っているように見えるような、違和感のある世界。そんな世界で、主人公セオドアはヴァーチャルキャラクターであるサマンサに恋に落ちます。

彼女の妙な人間ぽさ、その一方でやはり機械であるという彼女の具体性のなさに、葛藤を覚えるセオドアにスマホ時代の私たちもどこか共感を感じられるような舞台背景となっています。

④ 数々の賞を受賞

「her/世界でひとつの彼女」はアカデミー賞で作品賞、脚本賞、美術賞、作曲賞、歌曲賞の5部門でノミネートされ、作品賞を獲得しました。

またゴールデングローブ賞の脚本賞や全米脚本家組合賞の脚本賞など、脚本が高く評価されているところにも注目です。

テクノロジーの発展も描かれてはいますが、それよりも二人が築いていく関係性や愛の結びつきを重視して描かれているストーリーが評価されています。

⑤ 監督は多彩なスパイク・ジョーンズ

監督は多彩なスパイク・ジョーンズ

スパイク・ジョーンズは監督はもちろん、脚本家やプロデューサー、俳優としても活躍しており、TVCMのディレクターを務めたり、ミュージックビデオも制作していました。

「かいじゅうたちのいるところ(2009)」「マルコヴィッチの穴(1999)」など一風変わった作品を得意としています。

⑥ スカーレット・ヨハンソンの声が圧巻

スカーレット・ヨハンソンの声が圧巻

人口知能OSのサマンサの声を担当するのは、大女優スカーレット・ヨハンソンです。

姿は一度も出てきませんが、彼女のハスキーボイスは愛情がこもっていてあたかかく、不思議な感覚になります。

実はもともとサマンサ・モートンという別の女優さんが収録を全て終えていたようなのですが、どうしてもしっくりこないという監督のこだわりでスカーレット・ヨハンソンを配役し、収録し直したそうです。

⑦ 今後ありうる愛の形

今後ありうる愛の形

人間と人工知能の恋なんて…と思っている方にこそみていただきたい作品です。

孤独を埋めてくれる以上の愛が芽生え、生きる支えになるような関係を作り上げていくセオドア。

セオドアの言葉に傷ついたり、嫉妬をしたり、言い争いをしたり。恋に落ちてしまうセオドアに徐々に共感できるようなストーリーになっています。

⑧ 先見の明

先見の明

「her/世界でひとつの彼女」が公開されたのは2013年ですが、たった5年程度で音声入力でスマホに話しかけているような行動を取っている人たちも増え、リアルとの境目が絶妙な世界でもあります。

舞台設定というのは改めて重要な要素だと思える作品でもあります。

先ほど書いた「リアルとの境目が絶妙な世界」において結局フィクションであるというところがちょうどいいんですよね。リアルすぎるのも違うしファンタジーすぎても違う。

ただスカーレット・ヨハンソンはやっぱりいいですね。

⑨ 「her/世界でひとつの彼女」海外での評価

映画とテレビのレビューアグリゲーターであるRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)での評価は269件のレビューに基づく94%もの前向きなレビューで8.5/10と非常に高評価。

Metacriticでは47件のレビューに基づくこのフィルムの平均スコアは100点中90点とこちらも高評価。

Rolling Stoneで映画評論家のピーター・トラヴァース氏は4つ星中3つ星の評価をしており、特にスカーレット・ヨハンソンのパフォーマンスを称賛、彼女は「サマンサを甘い、セクシー、思いやりがあり、操作的で怖い」と声高に語り、ふさわしい」。彼はまたスパイク・ジョーンズに対して「先見の明のある人」と呼ぶようになったそう。

⑩ 「her/世界でひとつの彼女」日本での評価

Yahoo!映画での評価は1,794件のレビューで平均評価は3.4と平均的な評価。

映画.comも同様で206件中3.6は平均よりも少し高い評価になっています。

映画レビューサイトFilmarksでは10,963件のレビューで3.6と、平均よりも少し高い評価になっていますが、レビューが1万件を超えており多くの方が観られたのがわかりますね。

まとめ

「her/世界でひとつの彼女」について色々まとめてみましたが、HuluでもNetflixでもAmazonプライムビデオでも見られるようなので、気になった方は是非観て頂きたいです。

もしこの記事をご覧になった方で印象的なシーンなどありましたら、是非コメントお待ちしてます。

2020年最も利用すべきおすすめのVOD・定額動画配信サービスとは?料金面や配信数などから、動画配信サービスを選ぶポイントを解説しつつ、【2020年最新版】おすすめのVOD・定額動画配信サービス10社を比較し、ランキング形式でまとめました。こちらも是非ご覧ください。

この記事を書いた人

建島 陽一

映画や海外ドラマの魅力や面白さを伝えるべく、あらすじやおすすめしたいポイントなどをまとめたネタバレ有の評価・感想・レビューを行っています。

古き良き名作とアクション・SF系などおもしろいのが好きです。映画もドラマも。よろしくお願いします。