【海外ドラマ】おすすめ「V」のネタバレ有あらすじ・キャスト・トリビア・感想・評価・レビューなど徹底解説

  • 2020.10.20
  • 2020.10.20
  • DRAMA
【海外ドラマ】おすすめ「V」のネタバレ有あらすじ・キャスト・トリビア・感想・評価・レビューなど徹底解説

1983年から1984年にかけて放送された2部構成のアメリカのSFテレビミニシリーズ、「V」

Visitor(来訪者)Victory(勝利)Victim(犠牲者)の意味を持ち、その頭文字がタイトルとして使用されており、地球と大衆の反応を制御しようとする「Visitor(来訪者)」として知られるエイリアンに関するサイエンスフィクションです。

2009年にはアメリカのABCでリメイクされ全2シーズンが放送されるなど、衝撃的なインパクトを残した作品としても知られています。

そこで今回はご存知の方も多いとは思いますが、「V」のあらすじやキャスト、トリビアやおすすめしたいポイントなど、その概要をネタバレ満載でご紹介したいと思います。

「V」のネタバレ有あらすじ・キャスト・トリビア・感想・評価・レビューなど徹底解説

① 「V」のあらすじ

ある日、巨大なUFOのマザー・シップが地球上に飛来した。人間と何も変わらない容姿を持ったエイリアン「ビジター(来訪者)」は、全人類に修好を約束するが、彼らの真の目的は地球上の豊富な水資源の略奪、そして食料としての人間を捕獲することであった。しかも彼らの実体はヒト型爬虫類だった。

「ビジター(来訪者)」達の真の目的を知ったレジスタンスは、「ビジター(来訪者)」を撃退すべく行動に出る。

② 「V」のキャスト

「V」のキャスト

キャスト(レジスタンス)

役名俳優
マイク・ドノバン
Mike Donovan
マーク・シンガー
Marc Singer
ジュリー・パリッシュ
Juliet Parrish
フェイ・グラント
Faye Grant
ベン・テイラー
Ben Taylor
リチャード・ローソン
Richard Lawson
ケイレブ
Caleb Taylor
ジェイソン・バーナード
Jason Bernard
エライアス・テイラー
Elias Taylor
マイケル・ライト
Michael Wright
キャスリーン・マクスウェル
Kathleen Maxwell
ペネロペ・ウィンダスト
Penelope Windust
ロバート
Robert Maxwell
マイケル・デュレル
Michael Durrell
ロビン
Robin Maxwell
ブレア・テフキン
Blair Tefkin
ポリー
Polly Maxwell
ヴィヴェカ・デイヴィス
Viveka Davis
エイブラハム
Abraham Bernstein
レオナルド・チミノ
Leonardo Cimino
スタンリー・バーンスタイン
Stanley Bernstein
ジョージ・モーフォゲン
George Morfogen
リン・バーンスタイン
Lynn Bernstein
ボニー・バートレット
Bonnie Bartlett
ダニエル
Daniel Bernstein
デヴィッド・パッカー
David Packer
ルビー
Ruby Engels
カミラ・アシュランド
Camila Ashland
クリスチン
Kristine Walsh
ジェニー・サリヴァン
Jenny Sullivan
アーサー・デュプレ
Arthur Dupres
ハンスフォード・ロウ
Hansford Rowe
ハーミー
Harmony Moore
ダイアン・クレイ
Diane Civita
エレノア
Eleanor Dupres
ネヴァ・パターソン
Neva Patterson
トニー
Tony Wah Chong Leonetti
エヴァン・C・キム
Evan C. Kim
サンチョ
Sancho Gomez
ラファエル・キャンポス
Rafael Campos
ジョシュ・ブルックス
Josh Brooks
トミー・ピーターセン
Tommy Petersen
ショーン
Sean Donovan
エリック・ジョンストン
Eric Johnston
ハム・タイラー
Ham Tyler
マイケル・アイアンサイド
Michael Ironside
クリス・ファーバー
Chris Farber
ミッキー・ジョーンズ
Mickey Jones
アンドルー神父
Father Andrew Doyle
トーマス・ヒル
Thomas Hill
マギー・ブロジェット
Maggie Blodgett
デニース・ガリク
Denise Galik
マーク
Mark
サンディー・シンプソン
Sandy Simpson
エリザベス
Elizabeth Maxwell
ジェニファー・ベック
Jenny Beck

キャスト(ビジター)

役名俳優
ダイアナ
Diana
ジェーン・バドラー
Jane Badler
ジョン
John
リチャード・ハード
Richard Herd
スティーブン
Steven
アンドリュー・プライン
Andrew Prine
マーチン
Martin
フランク・アシュモア
Frank Ashmore
ウイリー
Willie
ロバート・イングランド
Robert Englund
ブライアン
Brian
ピーター・ネルソン
Peter Nelson
バーバラ
Barbara
ジェニー・ヌーマン
Jenny Neumann
ロレイン
Lorraine
グレタ・ブラックバーン
Greta Blackburn
ビジター・キャプテン
Visitor Captain
スタック・ピアス
Stack Pierce
パメラ
Pamela
サラ・ダグラス
Sarah Douglas

③ ビジター(来訪者)とは?

ビジター(来訪者)とは?

人間と何も変わらない容姿を持ったエイリアンV(ビジター)が、巨大なUFOで地球上の各都市に飛来し、全人類に修好を約束します。

最初は警戒心を抱いた地球人ですが、美形揃いで親切なビジターに気を許すと、実は…というお決まりの展開なのですが、いつの間にか夢中になってしまいます。

④ SFテレビミニシリーズ

SFテレビミニシリーズ

海外ドラマなのですが、SFテレビミニシリーズとして放送され、日本では日本テレビの「金曜ロードショー」で1988年に初公開され、全作が「金曜ロードショー」で公開されました。

当時は、映画と思っていた人も多いのではないでしょうか。

アメリカのNBCでは2部構成で、1983年に前編となる「V」が放送され、1984年には後編「V: The Final Battle」という形で放送されており、日本ではこれを全5話に分けて放送されました。

「V」は「(I) ビジター・宇宙からの訪問者 」、「(II) レジスタンス・壮絶なる抵抗」の2話構成。

「V: The Final Battle」は「(III) スニーク・イン 決死の潜入」、「(IV) エスケープ 恐怖からの脱出」、「(V) ファイナルバトル 最後の決戦」の3話構成になっています。

続編の「V2」の第1と第2話も「金曜ロードショー」放映されました。

⑤ ビジター(来訪者)の目的は?

ビジター(来訪者)の目的は?

実はヒト型爬虫類であったVの真の目的は、地球上の豊富な水資源の略奪、そして食料としての人間を捕獲することでした。

水はタダと考えている日本人にとっては、水資源の略奪は不思議な目的かもしれませんが、水資源の確保は人間だけではなく宇宙人にとって真剣な問題なのですね(!)

⑥ ビジターに騙される人類

ビジターに騙される人類

高度な医療技術を提供して人間を助けてくれたり(病死で食料になる人間が減ると困りますからね)して、多くの人類が騙されますが、見た目が地球人そっくりな点がコワイですよね。

自分の周りにいる人が見方か敵か分からなく、仲良くしてる友人が実はビジターで、隙を見て自分を食料にするつもりだったら…。恐怖です。

⑦ ビジターVSレジスタンス

ビジターVSレジスタンス

V(ビジター)の正体を知ったTVカメラマンのマイクは、Vに反感を持つレジスタンスと一緒にVの正体を世界中に公表しようと奮闘しますが、なかなかうまくいきません。

しかし、Vの弱点が意外なところから判明して、人類はVに勝つことができました。

「めでたし、めでたし。」と言いたいところですが、うまくいっていないので、シリーズV2ができたのです。

⑧ 「V」海外での評価

映画とテレビのレビューアグリゲーターであるRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)での評価は、前編(1話、2話)は10件のレビューに基づく70%もの前向きなレビューで、5.50/10。

オーディエンスの評価は1,379件のレビューに基づく76%もの前向きなレビューで、3.87/5と平均点と言える評価。古い作品なので後編のレビューはありませんでした。

Metacriticでは36件のレビューに基づく平均スコアは100点中60点でこちらも平均点と言える評価でした。

⑨ 「V」日本での評価

映画レビューサイトFilmarksでは第1話だけ評価があり、55件のレビューで3.8と悪くない評価です。

⑩ 「V」のトリビア

「V」のトリビア

・ロビン役は当初ドミニク・ダンがキャスティングされていましたが、撮影中恋人に殺害されてしまい、ブレア・テフキンがキャスティングされ再撮影を行ったそうです。

・当時「スターウォーズ」シリーズやその他のサイエンスフィクションのヒット曲の人気と、米国市民はファシストの乗っ取りを信じないというネットワークエグゼクティブの間の信念のために、ネットワークエグゼクティブはプロデューサーにそれをサイエンスフィクションのミニシリーズに変更させました。

・ビジターが他の外来種との戦争に従事していることが示唆されています。今作ではこれ以上発展することはありませんでしたが、シリーズの25年後にリリースされた小説で敵はゼッティと呼ばれる種族であり、最終的には人類の要求で地球にやって来ますが、ビジターよりもさらに悪いことが判明しています。

・前編となる「V」は、NBCの2年間で最も評価の高いプログラムとなり、アメリカでの視聴率40%となるヒットとなりました。

・オリジナルのV(1983)ミニシリーズの作成者であるケネス・ジョンソンは、続編の執筆を監督しましたが、制作前にワーナーブラザーズテレビジョンに創造的な違いを残しました。 彼の脚本家の貢献は、ペンネームLillianWeezerの下でクレジットされています。

・エリザベスがダイアナの宿舎で使用していたコンピューターはソニーSMC-70です。

・作曲家のデニス・マッカーシーが後編となる「V: The Final Battle」のために作曲した音楽の一部は、1987年から放送された海外ドラマ「新スタートレック」で再び使用されました。

・熱気球のシーケンスは、ニューメキシコ州アルバカーキで毎年恒例の国際気球フェスティバルの間に撮影されました。

・後編となる「V: The Final Battle」は、アメリカではオリジナルの「V」ミニシリーズの1年後に放送されましたが、イギリスでは1984年夏に2作続けて放送されました。

・この原作に基づいたコミックがDCコミックスから1985年に発売されていますが、DCコミックスのその他の作品と関連性は持たれませんでした。

まとめ

「V」について色々まとめてみましたが、残念ながら古い作品ということもあり、定額動画配信サービスでの配信は行っていないようですが、DVDはリリースされていますので、気になった方は是非観て頂きたいです。

もしこの記事をご覧になった方で印象的なシーンなどありましたら、是非コメントお待ちしてます。

2020年最も利用すべきおすすめのVOD・定額動画配信サービスとは?料金面や配信数などから、動画配信サービスを選ぶポイントを解説しつつ、【2020年最新版】おすすめのVOD・定額動画配信サービス10社を比較し、ランキング形式でまとめました。こちらも是非ご覧ください。

この記事を書いた人

建島 陽一

映画や海外ドラマの魅力や面白さを伝えるべく、あらすじやおすすめしたいポイントなどをまとめたネタバレ有の評価・感想・レビューを行っています。

古き良き名作とアクション・SF系などおもしろいのが好きです。映画もドラマも。よろしくお願いします。