【映画】おすすめ「ラブソングができるまで」のあらすじ・キャスト・トリビア・感想・評価・レビューなど徹底解説

  • 2020.11.22
  • 2020.11.22
  • MOVIE
【映画】おすすめ「ラブソングができるまで」のあらすじ・キャスト・トリビア・感想・評価・レビューなど徹底解説

2007年にヒュー・グラントドリュー・バリモアのダブル主演で公開され、全米で初登場1位を記録したロマンティック・コメディ映画「ラブソングができるまで」をご覧になったことはありますか?

「ラブソングができるまで」は1980年代に一世を風靡したヒュー・グラント演じるバンドのボーカルが、がトップ歌手への曲提供で返り咲きを狙い、成り行きで彼の曲作りを手伝うことになった植木世話係の女性との恋の行方を描いたお話。

最近では映画のサウンドトラックがヒットする傾向が強いですが、こちらのサウンドトラックも少しだけヒットしました。ヒュー・グラントが歌う映画オリジナルの楽曲がいいんですよね。

そこで今回は「ラブソングができるまで」のあらすじやキャスト、おすすめしたいポイントなど、その概要をご紹介していこうと思います。

※なるべくネタバレ回避しているので誰でもご覧になれると思いますが、あらすじや解説で少しだけ内容に触れている部分もあります。

「ラブソングができるまで」のあらすじ・キャスト・感想・評価・レビューなど徹底解説

① 「ラブソングができるまで」のあらすじ

1980年代に一世を風靡したバンド、PoPの元ボーカル・アレックスの元に人気歌手のコーラから新曲の提供の依頼がきた。

アレックスの曲作りが難航してる時にたまたま水やりに来たソフィーが口ずさんだ歌を聴き、その才能を直感し作詞を依頼し、苦心しながら二人で作り上げた曲「愛に戻る道」はコーラに採用された。

しかし数日後、二人がコーラのスタジオを訪ねてみるとコーラは二人の作った曲を自分好みに大きく変えてしまっていた。

ソフィーはコーラのアレンジに不満を持ったがアレックスは同業者としての自分の立場からソフィーが文句を言うのを止めようとする。ソフィーはそのことを不服に思いつつも追加依頼された歌詞を書き上げたがこのことがきっかけでアレックスとソフィーは決別してしまう。

② 「ラブソングができるまで」のキャスト

「ラブソングができるまで」のキャスト

役名俳優
アレックス・フレッチャー
Alex Fletcher
ヒュー・グラント
Hugh Grant
ソフィー・フィッシャー
Sophie Fisher
ドリュー・バリモア
Drew Barrymore
コーラ・コーマン
Cora Corman
ヘイリー・ベネット
Haley Bennett
クリス・ライリー(アレックスのマネージャー)
Chris Riley
ブラッド・ギャレット
Brad Garrett
ローンダ(ソフィーの姉)
Rhonda Fisher
クリステン・ジョンストン
Kristen Johnston
スローン・ケイツ(ソフィーの元交際相手)
Sloan Cates
キャンベル・スコット
Campbell Scott
コリン・トンプソン
Colin Thompson
スコット・ポーター
Scott Porter
レイ(コーラのマネージャー)
Ray
マシュー・モリソン
Matthew Morrison
デビッド・ニューバート
David Newbert
ザック・オース
Zak Orth
カーン
Khan
アーシフ・マンドヴィ
Aasif Mandvi
グレッグ・アントンスキー
Greg Antonsky
ジェイソン・アントーン
Jason Antoon

③ 名曲揃いで興行収入が高かったロマコメ映画トップ10

The Way Back Into Love – Hugh Grant and Drew Barrymore

こちらが映画で重要な曲「愛に戻る道」です。

アレックスとソフィーによるデモ音源の制作シーンなので、完成されたアレンジのものもありますが、そちらは是非映画で見て頂きたいですね。

2013年に米情報サイト「Hollywood Reporter」が、興行収入が高かったロマコメ映画トップ10を発表し、「ラブソングができるまで」は7位にランクインしました。

ドリュー・バリモアが出演している作品が「50回目のファースト・キス」「そんな彼なら捨てちゃえば?」「ラブソングができるまで」「ウェディング・シンガー」の4つがランクインしており、「ロマコメ女王」に君臨しています。

ドリュー・バリモアが出てるだけで安心感がありますよね。

④ 90年代風ラブコメのような映画

90年代風ラブコメのような映画

90年代の作品を見ているかのように思えてしまいますが、2007年公開なので10年近く前なんですね。

ドリュー・バリモアが32~33歳くらいでしょうか。ドリュー・バリモアは芸歴が長すぎてわからなくなってしまいます。

⑤ コリンのセリフ

コリンのセリフ

アレックスが在籍していたバンド・PoPで共に活動していたコリン・トンプソン(スコット・ポーター)はその後も成功し続けているキャラクターとして登場しますが、劇中で語った「bigger than The Beatles」は、人気バンド「オアシス」が当時語った発言を引用したものだそう。

⑥ ヒュー・グラントは練習漬けだった

ヒュー・グラントは練習漬けだった

幸い幼少期にピアノを習った経験があったヒュー・グラントは再び特訓し、歌唱シーンは結局編集が加えられたみたいですね。

そしてダンスが一番苦労したそうです。

⑦ ヘイリー・ベネットはこの作品が映画デビュー作

ヘイリー・ベネットはこの作品が映画デビュー作

2019年1月に第一子誕生が報じられたヘイリー・ベネットですが、近年若手実力派女優として注目を集ている女優です。

「イコライザー」「ガール・オン・ザ・トレイン」などヒット作にも多く出演していますが、「ラブソングができるまで」が映画デビュー作なんですね。

⑧ 「ラブソングができるまで」海外での評価

映画とテレビのレビューアグリゲーターであるRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)では、今のところ172のレビューがあり、批評家支持率は68%の前向きなレビューで、6/10と平均的な結果に。

主な内容としては、「共演者のかなりの魅力のおかげで成功する明るくて楽しいロマンチックコメディです。ヒュー・グラントをフィーチャーした音楽セグメントは入場料の価値があります。」と書かれています。

Metacriticでは30件のレビューに基づくこのフィルムの平均スコアは100点中59点こちらもほぼ平均。

イギリスの大手一般新聞The Guardianのピーター・ブラッドショーは、この映画を5つ星のうち2つを評価し、それを「とても穏やかなロマンチック・コメディー」と呼んで、付け加えました。

多くは肯定的なコメントでしたが、日本ではこういった音楽の多い映画はなぜかなかなかヒットしませんよね。

⑨ 「ラブソングができるまで」日本での評価

Yahoo!映画での評価は1,162件のレビューで平均評価は3.9とこちらは平均よりも高い評価。

映画.comは27件中3.5とこちらは平均的な評価。

映画レビューサイトFilmarksでは1,375件のレビューで3.5と、こちらも平均的な評価。

こういった映画は「曲が聴きたい」という理由も含まれるので何度もリピートする方が多いかもしれません。

⑩ 「ラブソングができるまで」のトリビア

「ラブソングができるまで」のトリビア

・アムステルダムでの初演中に、ヒュー・グラントにインタビューするふりをしている女性が彼に手錠をかけ、結局彼と一緒に赤いカーペットを歩くというハプニングがありました。

ヒュー・グラントはスタジオで練習して演奏した後、イケると考えて、大きなコンサートシーンをライブで演奏すると発表しましたが、実際にやってみると、かなりひどい結果になってしまったようで非常に面白がって謙虚になり、最終的には後で録音した音源を当て込むことになりひと安心したそうです。

・「Dance With Me Tonight」という曲は監督を務めたマーク・ローレンスの当時13歳の息子クライド・ローレンスが書いた曲で、サウンドトラックでは、クライド・ローレンスが実際にピアノを弾いています。

・1980年代に人気があったポップバンド「ABC」のボーカル、マーティン・フライヒュー・グラントに歌唱指導を行ったそうです。

・アレックス・フレッチャーとコリン・トンプソンは一緒に育ったという設定ですが、実際にはコリンを演じたスコット・ポーターヒュー・グラントより14歳も年下です。

・マディソン・スクエア・ガーデンの内部シーンは、実際にはナッソー退役軍人 記念コロシアムで撮影されました。これは、ニューヨークのユニオンデールにあるロングアイランドの小さな会場です。

・アレックス・フレッチャーのキャラクターは、1980年代の英国のポップデュオ「ワム!」のメンバーであるアンドリュー・リッジリーに敬意を表しています。

ヒュー・グラントドリュー・バリモアがレコード店に行くシーンでは、実際には66番街とブロードウェイのリンカーンセンターのすぐ隣にあるタワーレコードで撮影されましたが、映画の公開前に閉店しています。

・アレックスのアパートは、リンカーンセンターのタワーレコードの6ブロック上、72丁目とブロードウェイ周辺にあり、多くの鑑賞者は、アレックスが頻繁に店に行って、この期間中およびその後いつでも誰かが実際にCDを購入したかどうかを確認してたんじゃないかと推測してるようです。

・公開から数年後、ヒュー・グラントはアメリカのテレビ番組「Watch What Happens Live」で、自分を嫌っている女優6人を明かし、その中にドリュー・バリモアが含まれていました。

まとめ

ロマンティック・コメディ映画は男性の場合なかなか観る機会がないと思いますが、この作品はミュージシャンの再起という要素のせいか入り込みやすい作品でした。

また主演の二人が絶妙に丁度いいんですよね。ヒュー・グラントドリュー・バリモアというコンビが少し特殊で、かえって面白さが増してる感じもしました。

「ラブソングができるまで」について色々まとめてみましたが、音楽がいいと作品全体のクオリティも上がりますし、気軽な気分で観られるのでおすすめしたい作品です。

AmazonプライムやU-NEXTでも観られるようですので、気になった方は是非一度観てみてください。

2020年最も利用すべきおすすめのVOD・定額動画配信サービスとは?料金面や配信数などから、動画配信サービスを選ぶポイントを解説しつつ、【2020年最新版】おすすめのVOD・定額動画配信サービス10社を比較し、ランキング形式でまとめました。こちらも是非ご覧ください。

この記事を書いた人

建島 陽一

映画や海外ドラマの魅力や面白さを伝えるべく、あらすじやおすすめしたいポイントなどをまとめたネタバレ有の評価・感想・レビューを行っています。

古き良き名作とアクション・SF系などおもしろいのが好きです。映画もドラマも。よろしくお願いします。