【映画】おすすめ「最強のふたり」のあらすじ・キャスト・ネタバレ・トリビア・感想・評価・レビューなど徹底解説

  • 2020.12.23
  • 2020.12.23
  • MOVIE
【映画】おすすめ「最強のふたり」のあらすじ・キャスト・ネタバレ・トリビア・感想・評価・レビューなど徹底解説

今回おすすめするのは、2011年に公開されたフランス映画「最強のふたり」

頸髄損傷で体が不自由な富豪フィリップ(フランソワ・クリュゼ)と、その介護人ドリス(オマール・シー)となった貧困層の移民の若者との交流を、ときにコミカルに描いたドラマで、2011年にフランスで公開された映画の観客動員数では1位を獲得しているヒット作です。

ご存知の方も多いとは思いますが「最強のふたり」のあらすじやキャスト、おすすめしたいポイントやトリビアなど、その概要をネタバレ満載でご紹介したいと思います。

「最強のふたり」のあらすじ・キャスト・ネタバレ・トリビア・感想・評価・レビューなど徹底解説

① 「最強のふたり」のあらすじ

映画『最強のふたり』予告編

パリに住む頸髄損傷で首から下の感覚が無く、体が不自由な富豪のフィリップと秘書のマガリーは、住み込みの新しい介護人を雇うため、候補者の面接をパリの邸宅でおこない、そこにドリスが面接を受けに来る。

しかしドリスは職に就く気はなく、給付期間が終了間際となった失業保険を引き続き貰えるようにするため面接を受け、不合格になったことを証明する書類にサインが欲しいだけだった。

気難しいところのあるフィリップは、他の候補者を気に入らず、介護や看護の資格も経験もないドリスを、周囲の反対を押し切って雇うことにする。

② 「最強のふたり」のキャスト・作品情報

「最強のふたり」のキャスト・作品情報

「最強のふたり」のキャスト

役名俳優
フィリップ
Philippe
フランソワ・クリュゼ
François Cluzet
ドリス
Bakary “Driss” Bassari
オマール・シー
Omar Sy
イヴォンヌ
Yvonne
アンヌ・ル・ニ
Anne Le Ny
マガリー
Magalie
オドレイ・フルーロ
Audrey Fleurot
マルセル
Marcelle
クロティルド・モレ
Clotilde Mollet
エリザ
Elisa
アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ
Alba Gaïa Bellugi
バスティアン
Bastien
トマ・ソリヴェレ
Thomas Soliveres
アルベール
Albert
クリスティアン・アメリ
Christian Ameri
アントニー
Antoine
グレゴリー・オースターマン
Grégoire Oestermann
ミナ
Mina
アブサ・ダイヤトーン・トゥーレ
Absa Dialou Toure
アダマ
Adama, Driss’s Cousin
シリル・マンディ
Cyril Mendy
エレノア
Eleonore
ドロテ・ブリエール・メリット
Dorothy Briere Meritte
ナタリー・ルコント
Nathalie Lecomte
ジョセフィーヌ・デ・ミオー
Joséphine de Meaux

「最強のふたり」の作品情報

監督
Directed by
オリヴィエ・ナカシュ
Olivier Nakache
エリック・トレダノ
Éric Toledano
脚本
Written by
オリヴィエ・ナカシュ
Olivier Nakache
エリック・トレダノ
Éric Toledano
音楽
Music
ルドヴィコ・エイナウディ
Ludovico Einaudi
撮影
Cinematography
マチュー・ヴァドピエ
Mathieu Vadepied
編集
Edited by
ドリアン・リガル=アンスー
Reynald Bertrand
製作
Produced by
ニコラ・デュヴァル・アダソフスキ
Nicolas Duval Adassovsky
ヤン・ゼノウ
Yann Zenou
ローラン・ゼイトゥン
Laurent Zeitoun
製作会社
Production Company
Quad Productions
配給
Distributed by
仏:ゴーモン
日:ギャガ
公開仏:2011/11/2
日:2012/9/1
上映時間112分
興行収入(世界)約4億2660万ドル
興行収入(日本)約16.5億円

③ 実話がもとの感動作

実話がもとの感動作

この映画のモデルになったフィリップ・ポゾ・ディ・ボルゴは事故で頸髄損傷となり、2001年に自身のこと、そして介護人アブデル・ヤスミン・セローとのことを書いた本を出版しました。

この二人の物語がテレビに取り上げられ、2003年にはドキュメンタリーが製作されましたが、これに感化された監督がフィリップに実際に会い行き、脚本を書き上げ、映画化が実現したそうです。

映画の最後には実際の二人の写真も出てくるので注目です。

④ 話題の若手フランス俳優オマール・シー

話題の若手フランス俳優オマール・シー

オマール・シーは、フランスのスラム地区に住み、6ヶ月に渡り服役していながら、脊髄損傷のため体が麻痺して不自由な大富豪で気難しいフィリップの介護人を担当することになるドリスを演じています。

爽やかな笑顔とどストレートなジョークが魅力の彼。演じているのはコメディアンでもあるオマール・シーでこの役にぴったりの俳優と言えます。

また彼はフランス映画だけでなく「ジュラシック・ワールド(2015)」「X-MEN:フューチャー&パスト(2014)」にも出演しており、ワールドワイドに活躍しています。

共同で脚本・監督を務めたエリック・トレダノオリヴィエ・ナカシュは、2009年の映画「Tellement proches」でのオマール・シーとの仕事を楽しんでできたとのことで、設定を変えてまで起用しています。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

⑤ フランスの社会問題をシリアスそしてコミカルに描く

フランスの社会問題をシリアスそしてコミカルに描く

移民問題や格差の問題を抱えるフランスの現状や、障害者と健常者の問題といったシリアスな問題がテーマになっており、考えさせられるシーンもたくさんあります。

一方で、正反対の性格や立場の主人公二人が織りなすコミカルなシーンも満載で、ブラックジョークからクスッと笑えてほんわかするようなジョークまで楽しめ、コメディ映画としても大満足な作品です。

⑥ 数々の賞を受賞

差別などのタブーを扱いながら、高い評価を得ているこの作品。

セザール賞ではオマール・シーの主演男優賞受賞以外にも、監督、撮影、脚本等々計8部門でノミネートされています。

また日本でも高く評価されており、日本で公開されたフランス映画歴代1位の興行収入を記録。

第24回東京国際映画祭や第36回日本アカデミー賞でも最優秀外国作品賞を受賞しています。

⑦ ハリウッドリメイク

大ヒットした本作は、アメリカでリメイクされ、2019年に「人生の動かし方」というタイトルで公開されました。

キャストはなんと大女優ニコール・キッドマンや、フィリップ役のブライアン・クランストンはカルト的人気を博したドラマ「ブレイキング・バッド」で名を馳せた名優で、かなり豪華なキャストとなっています。

またリメイク版では設定にも少し手を加えているようで、本作との違いも楽しめます。

「人生の動かし方」はAmazonプライムのオリジナル映画として配信されています。

⑧ 「最強のふたり」海外での評価

映画とテレビのレビューアグリゲーターであるRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)での評価は122件のレビューに基づく75%もの前向きなレビューで6.7/10と高評価。

Metacriticでは31件のレビューに基づくこのフィルムの平均スコアは100点中57点とこちらは割と平均的。

⑨ 「最強のふたり」日本での評価

Yahoo!映画での評価は‎5,941件のレビューで平均評価は4.3と非常に高い評価。

映画.comでは324件中4.2とこちらも高い評価と言えます。

映画レビューサイトFilmarksでは19,289件のレビューで4.1と、日本での評価はほとんどが4以上と高評価でした。

⑩ 「最強のふたり」のトリビア

「最強のふたり」のトリビア

・劇中では雇ったのはドリスというアフリカ系の黒人になっているが、実際はアルジェリア出身のアブデルという青年(当時24歳)でした。

・フィリップの妻ベアトリスはすでに死亡したことになっていますが、実際に彼女ががんで亡くなったのは、アブデルが家にやって来てから4年後の96年5月のこと。

・ドリスの弟が助けを求めに来たことをきっかけに、雇用関係を解消。ほんの1年程度の出来事のような印象ですが、実際には10年間にわたって面倒を見ており、2人はモロッコへ移住しますが、アブデルが現地の女性を好きになったため、アブデルの将来のことを考えて、フィリップの方から契約を解除しています。

・2012年、監督のエリック・トレダノは、世界中の車椅子ユーザーから3,000件を超えるお礼のメッセージを受け取ったと述べました。

・フィリップと出会う最初のシーンでのドリスの緊張とわずかなペースは意図的なものでした。監督は、ドリスの機動性とフィリップの不動性を対比させたかったのです。

・麻痺に苦しむ人々を支援し、高度な研究を支援することを目的とした米国の非営利団体であるクリストファー&ダナリーブ財団がこれまでに受賞した最初の映画。 理事は、2012年11月28日にニューヨーク市のこの財団からHOPE賞を受賞しました。

・ドリスがフィリップのために運転しているスポーツカーはクアトロポルテ(マセラティ)です。

・最初のカーレースでは、ほとんどのスタントはプロのスタントドライバーによって行われましたが、ある瞬間には、オマール・シーが実際に自分で車を運転しました。

・オランダでは以前の記録保持者である「サラの鍵(2010)」を破り、最も成功したフランス映画になりました。

・事務所には「記憶の固執」、フィリップの家には「My Wife, Nude, Contemplating Her Own Flesh Becoming Stairs(私の妻、裸体、階段になりつつある肉体、柱の3つの脊椎、空と建物)」と、2枚のサルバドール・ダリの作品が登場します。

まとめ

「最強のふたり」について色々まとめてみました。

シビアな題材で成功すると同じようなことをしたがる人達が増えるようにも思いますが、それだけ完成度の高い作品であると言えるかと思います。

そして完成度の高い作品としてはやはりオマール・シーの存在が大きいなとも思いました。

間違いなく名作です。

Netflix、U-NEXT、dTV、Amazonプライムビデオで見られるようなので、気になった方は是非観て頂きたいです。

もしこの記事をご覧になった方で印象的なシーンなどありましたら、是非コメントお待ちしてます。

2020年最も利用すべきおすすめのVOD・定額動画配信サービスとは?料金面や配信数などから、動画配信サービスを選ぶポイントを解説しつつ、【2020年最新版】おすすめのVOD・定額動画配信サービス10社を比較し、ランキング形式でまとめました。こちらも是非ご覧ください。

この記事を書いた人

建島 陽一

映画や海外ドラマの魅力や面白さを伝えるべく、あらすじやおすすめしたいポイントなどをまとめたネタバレ有の評価・感想・レビューを行っています。

古き良き名作とアクション・SF系などおもしろいのが好きです。映画もドラマも。よろしくお願いします。